FAGAとは?女性の男性型脱毛症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

N934_hohoemujyoi500

なぜ女性の頭髪に、男性ホルモンの影響が起こるのか?

 
薄毛、といえば、男性の悩みであるイメージがありますね。
男性に起こる薄毛のことを、「男性型脱毛症(AGA)」と呼んでいます。
 
ところが、薄毛や抜け毛は男性だけの問題ではありません。
女性に起こる薄毛は、AGAと区別するために「女性男性型脱毛症(FAGA)」と呼ばれています。
 
ここでは、男性に起こるAGAと、女性に起こるFAGAの違いや、
そのメカニズムについてお話しいたします。
 
 

そもそも、男性型脱毛症(AGA)って何?

 
テレビコマーシャルの影響か、昨今知名度を増してきたAGAですが、
どのような仕組みで引き起こされているかをご存知でしょうか?
 
AGAの発生には、男性ホルモンである「テストステロン」の働きが深く関わっています。
私たちの髪の毛は、毛根にあ毛母細胞がが細胞分裂を繰り返すことで成長していきます。
その毛母細胞の細胞分裂には、毛乳頭から与えられる酸素や栄養が不可欠です。
つまり、毛母細胞(毛髪の成長)には、毛乳頭の働きを欠かすことができません。
 
ところが、男性ホルモンのテストステロンが毛乳頭に入り込んでしまうと、
毛母細胞の細胞分裂を妨げてしまうジヒドロテストステロンに変身してしまうのです。
このような仕組みから、男性ホルモンが原因となって薄毛が引き起こされてしまいます。
 
 

男性ホルモンによる薄毛が、なぜ女性に起こるの?

 
ここまで読めば、「なんだか、女性には無縁の話しみたい。」と感じるかもしれませんね。
男性ホルモン、という響きだけで、女性の体内には無関係な問題に思えてくるでしょう。
 
ところが、女性の体内にもテストステロンを始めとする男性ホルモンが存在しています。
とはいえ、普段女性の体内では、主に女性ホルモンが多く分泌され、
そして女性の体に様々な働きかけをしていますので、
分泌量の少ない男性ホルモンが体になんらかの影響を及ぼすことありません。
 
むしろ、女性ホルモンには毛髪を成長させ、頭髪の寿命を長くする働きさえありますので、
ホルモンが通常通りに分泌されていれば、本来女性の髪は抜け落ちたり薄毛になったりすることも起こりにくいのです。
 
ところが、女性ホルモンの分泌量がなんらかの原因で乱れてしてしまった時、
それまで女性ホルモンの陰に隠れていた男性ホルモンの働きが優位に立ってしまいます。
すると、男性の頭髪に起こっていたAGAと同じメカニズムにより、女性にも薄毛が引き起こされてしまうのです。
 
女性ホルモンの乱れが起こる理由には、加齢や肉体的ストレス、精神的ストレスなど様々なものが挙げられます。
若い女性でも、ダイエットによる過剰な食事制限や、不摂生など、
ライフスタイルの乱れによってホルモンバランスが乱れ、薄毛になってしまうケースも珍しくありません。
 
 

AGAとFAGAは、どんな違いがあるの?

 
基本的に、男性に起こるAGAも、また女性に起こるFAGAも、
その根本的な原因は男性ホルモンのテストステロンによる働きです。
 
それでは、なぜ呼び方が「AGA」「FAGA」といった風に異なるのでしょうか?
最後に、AGAとFAGAの違いについて説明しておきます。
nbsp;
原因が同じ二つの薄毛ですが、違いはなんといっても症状の現れ方です。
薄毛に悩む男性をイメージしてください。
M字や頭頂部など、ある場所の薄毛で悩んでいるイメージがわきませんか?
そのイメージ通り、男性の薄毛の多くはある部分から薄毛の進行が進んでいきます。
 
これに対し、女性の薄毛(FAGA)は、毛髪全体のボリュームがなくなり、全体的な薄毛が引き起こされてしまいます。
 
さらに、男性の薄毛と比べて、薄毛の進行が進みにくいのも特徴の一つです。
男性ホルモンによる薄毛が引き起こされてしまった女性の体内でも、
女性ホルモンが全くのゼロになってしまったわけではありません。
量は少なくても、一定の量分泌されている女性ホルモンの働きにより、
毛髪の減少がある程度セーブされているためです。

 
 
症状の違いはあれど、AGAもFAGAも男性ホルモンによる作用から引き起こされています。
FAGAの改善を目指すのであれば、ご自身のホルモンバランスの乱れが
起こってしまった原因を理解することが重要
だと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性用育毛剤の実力ランキング