発毛・育毛・養毛の違いとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CRI_IMG_6106500-thumb-815xauto-5949

髪がスカスカタイプの薄毛には、育毛剤や養毛剤は無意味!?~発毛~

 
薄毛のコンプレックスを解消させようとすれば、以下のようなキーワードが気になるようになります。
「発毛」「育毛」「養毛」。これら3つのキーワードは、どれも薄毛を解消させる魅力的な印象を持つでしょう。
とはいえ、これらの違いについてきちんと説明ができる方がどれほどいらっしゃるでしょうか?

 
ここは、この三つのキーワードのうち「発毛」についてご説明いたします。
 
 

発毛とはなんだろう?

 
そもそも、発毛とは何なのでしょうか?
 
発毛とは、毛髪が抜け落ちたのち、再度新たな毛が生える事を指す言葉です。
多くの方がご存知の通り、悲しいですが髪の毛には寿命が存在しています。
伸ばしている限りどこまでも永遠に髪が伸び続ける事はあり得ません。
髪の毛は、ある期間、ある程度の長さまで伸びると、自然と寿命を終え抜け落ちてしまうのです。
 
このように、自然と髪の毛は抜け落ちるものなのですが、なくなってしまう事はありません。
正常な状態であれば、抜け落ちた分新たな新毛が生え、頭髪はいつも同じ量をキープ出来るようになっているのです。

 

育毛や養毛とどう違うの?

 
ヘアケアを気にかけると、発毛以外に「育毛」「養毛」
といったキーワードを耳にするようになります。
毛髪が抜け落ちた毛穴から新たな毛を生やす事が発毛なのであれば、
他の二つとはどのような違いがあるのでしょうか?
 
育毛、というのは、読んで字のごとく、今現在生えている毛髪を強く育んでいく事を指す言葉です。
しばしば目にする「育毛剤」というものは、この育毛に働きかける効果が期待されます。
 
つまり、今生えている毛髪を丈夫に育む作用を持っている、という事ですね。
誤解されがちですが、育毛剤には新たな毛髪を生やす発毛力は期待できません。
 
また、養毛、というのは、毛根や毛髪に栄養を与える事で、
頭皮や毛髪の健康をサポートする、といった意味を持っています。
外部から与えられた毛髪のダメージや、髪の毛の傷みを修復する事も養毛にあたります。

つまり、髪の毛の本数が足りない、スカスアタイプの薄毛の方であれば、
生えている髪の毛への作用が期待される育毛剤や養毛剤ではなく、
発毛に働きかける発毛促進時を選ぶ事が重要なポイントとなってくるのですね。
 
 

薄毛に悩む方の毛穴で起こっている事とは?

 
私たちの頭髪は、髪の寿命と発毛を繰り返すヘアサイクルと呼ばれる発毛周期によって毛量を保っています。
通常であれば、一つの毛穴に対して3〜5本の毛髪が生えていて、それぞれが異なるヘアサイクルを繰り返しています。

抜け落ちるタイミング・新毛が生えてくるタイミングに一本一本ズレが生じ、
このズレのおかげで同じ毛穴から生えている毛量がいつも同じような状態をキープできているのです。
 
髪の毛が黒々と、ぐんぐんと伸びている方の毛根では、このように健康的なヘアサイクルが繰り返されています。
 
ところが、薄毛になってしまう方の毛穴では、この健やかなサイクルに乱れが起こっているのです。
その原因は様々です。生活習慣やホルモンバランス、精神的・肉体的ストレスなどによる影響によって、
抜け落ちる髪の毛の量が新毛の量を上回った時、薄毛が引き起こされてしまいます。
 
一つの毛穴から生えるべき量の髪の毛が少なくなってしまえば、
外観はスカスカした印象に変わってしまう・・・、というわけなのですね。
 
 
髪の毛のボリューム不足、と一口に言っても、様々なタイプがあります。
髪のコシが失われてしまったタイプや、単純に髪の毛の量が少ないタイプもいらっしゃるでしょう。
もしも見た目がスカスカしていて、毛量自体が少ないと感じるのであれば、発毛に着目したケアが必要になってきます。
そんなコンプレックスを、育毛剤でカバーはできませんね。
 
ご自身のボリューム不足の原因を見つめ直し、正しいケア方法を見つけてみてはいかがでしょうか?
 
 
 
 

ある程度髪の毛が生えていないと、育毛剤は意味がない!?~育毛~

 
薄毛のコンプレックスを解消させたいと考えるのであれば、
発毛、育毛、養毛、これらの言葉の意味や違いをきちんと理解しておく必要があります。
もちろん、それぞれには別々の意味があり、薄毛へのアプローチも異なります。
ご自身の頭髪にはどのような問題があるのか・・・、また、
その問題を改善させるためどのような手段を選ぶべきなのか・・・。
 
正しい知識を身につけ、ベストなアプローチ方法を選択してください。
 
 

「育毛」とはなんなのでしょうか?

 
「育毛」という字をみて分かるように、育毛とはつまり髪の毛を育てる、という意味を持った言葉です。
今現在、頭に生えている髪の毛自体、または頭皮を、強く健やかに育てることで、
抜け毛やフケ・かゆみなどのアクシデントを食い止めます。
 
毛髪が抱えている今現在の問題を改善させ、健やかな状態を維持すること。
そして新たな毛髪が生え揃い、薄毛の問題解消を目指すというアプローチ方を育毛と呼んでいます。
 
 

発毛や養毛と、どのような違いがあるの?

 
薄毛対策のキーワードには、この育毛以外にも幾つかの種類があります。
「発毛」、「養毛」という言葉を聞いたことはありませんか?
これらのキーワードにはどのような違いがあるのでしょうか?
 
まず、「養毛」も、育毛と同じくすでに生えている毛髪に対して行われるケアです。
髪の毛の栄養を補う方法で、抜け毛を防ぐことを目的としています。
 
また、育毛に並びよく耳にする「発毛」についてですが、
発毛、とは、毛髪が抜け落ちてしまった毛穴から、
新たな毛が生えてくること、またそれを促すこと
を指す言葉です。
 
髪の毛には寿命があります。長らく髪を伸ばしていれば、
いずれ寿命を終えた毛髪は自然と毛穴から抜け落ちてしまうのです。
その数は、平均して1日におよそ70〜80本にも登ります。
とはいえ、通常であれば抜け毛と同じ数だけ発毛を繰り返していますので、
全体で見たときの毛量が減ってしまうことはありません。
 
抜け毛と発毛のが持つバランスを正常化し、薄毛にアプローチする方法を発毛と呼ぶのに対し、
育毛や養毛はすでに生えている髪の毛に対して行われるケア方法なのです。
 
 

どんなタイプの薄毛に育毛が必要?

 
薄毛にお悩みの場合、どうしても発毛という着眼点に執着しがちです。
新たな髪の毛を生やすことが、問題解決に一番近いように感じるからかもしれませんね。
しかし、髪の毛が抜け落ちてしまう問題を解決する事も大変重要であることを忘れてはいけません。
 
たしかに、見るからに髪の毛の本数が少なく、発毛を急ぐべきタイプの方も存在しています。
そんな方が薄毛対策を行うのであれば、やはりその手段は発毛を行うべきでしょう。
しかし、髪のボリューム不足に悩む方の中でも、ある程度毛量がある、
という状態の方には、育毛で今ある髪の毛を丈夫にすることをお勧めいたします。
 
 
つまり、しばしば目にする「育毛剤」とは、すでに生えている
髪の毛に対して効果が期待できる商品
であるということです。
 
育毛で髪を健やかにすることは、たしかに大切なことですが、
強くしたい、丈夫にしたい、その対象である髪の毛が生えていなければ意味はありません。
 
「薄毛だから、育毛剤だ!」と、安易に手段を選ばないようにしてください。
 
 
 
 

養毛剤では大きな効果が期待できない?養毛が必要な薄毛タイプとは?~養毛~

 
発毛、育毛と同じように、薄毛対策でしばしば耳にするキーワードがあります。
「養毛」という言葉を耳にしたことはありのではないでしょうか?
一見、どれも薄毛を解消する点で同じ意味を持った言葉だと思われがちですが、
実はそれぞれに異なった意味が存在しているのです。
 
薄毛の解消を目指すのであれば、これらの違いを正しく理解し、
ご自身の問題にマッチしたアプローチ方法を選択するようにしたいものですね。
 
ここでは、そんな養毛についてお話しいたします。
 
 

「養毛」とは、どんな意味の言葉なの?

 
「養毛」の「養」とは、栄養のです。
つまり、今生えている髪の毛に対して栄養を補給し、
栄養の不足による抜け毛を食い止めることを指す言葉なのです。
 
当然のことですが、私たちの髪の毛が健やかに生え、
そして丈夫に伸びていくためには、栄養が不可欠な存在です。
もしも栄養不足が引き起こされてしまった場合、髪の毛は毛穴から抜け落ちてしまいます。
 
それでは、どのように髪の毛に栄養を与えるのでしょう。
髪の毛に直接栄養を塗りつけるのでしょうか?・・・、違います。
ヒントは、髪の毛に栄養をいき届ける血管にあるのです。
 
髪の毛が栄養不足に陥っている時、大きな原因の一つは血管の収縮が考えられます。
血管が縮んでしまうと、当然ですがそこを通る血液の量は単純に少なくなってしまいますね。
つまり、頭皮に十分な栄養が行き届かない状態を作り出してしまうのです。
 
その状況を打破するため、養毛とは頭皮のマッサージなどで血行促進を図り、
健康な髪を作り出すのに必要な土台を整えるアプローチ方法なのです。
 
また、数ある養毛剤についても同じようなアングルから
薄毛への対策を行っているものだと考えてください。
 
 

発毛や育毛との違いは何?

 
養毛は、他の育毛や発毛とどのように異なるのでしょうか?
 
まず、他の二つのうち「育毛」は、養毛と同じく今生えている髪の毛にアプローチする薄毛対策です。
読んで字のごとく、生えている髪の毛を健康で丈夫な状態に「育む」ことを指していて、
おおよそほとんどの養毛剤や育毛剤は頭皮に直接塗るタイプのものだと思います。
 
それに対し、発毛だけはニュアンスが大きく異なります。
発毛とは、これも文字から受けるイメージ通りに、
毛穴から新たな髪の毛を生やすことを目指すアプローチ法です。
ですので、発毛剤に関していえば、内服型やサプリメント型など、
体の中からアプローチしているもの
がほとんどですね。
 
発毛剤には髪の毛を生やす効果が期待できますが、
育毛剤や養毛剤では新たな毛髪が生えてくることはありません。
 
このように、一見どれも同じ薄毛対策に見える言葉でも、それぞれが異なる意味を持っているのです。
 
 

養毛で薄毛対策をするべきタイプと、その注意点について

 
ここまで養毛についてお話しいたしましたが、実は食べ物も恵まれている現代社会で、
栄養不足による抜け毛を引き起こす方など、そうそう存在しないと言われています。
よっぽど不摂生な食生活を送っていない限り、養毛をするべき薄毛のタイプは少数派だと言えるでしょう。
 
とはいえ、「養毛」というスタイルが存在している限りは
どんなタイプの薄毛が該当しているのかを知っておきたいものですよね。
そんな方は、ぜひ今ご自身の指先の爪をご覧ください。
 
最近、爪の伸びは遅くなっていませんか?
また、爪が薄く、割れやすくなってはいないでしょうか?
 
髪の毛と同じように、爪もまた、栄養不足を引き起こした時の犠牲になりやすいポイントです。
もしも爪のコンディションに問題があるのであれば、髪の毛もまた、栄養不足を引き起こしているかもしれません。
これに思い当たる節があるのであれば、食生活の見直しや、
頭皮の血行促進を意識したヘアケアをスタートさせてください。
 
とはいえ、注意して欲しいのはその効果の大・小についてです。
養毛剤と呼ばれるものは、他の育毛剤、発毛剤と比べ期待できる効果がそれほど大きくはありません。
薄毛が進んでしまい、早急になんとかしたい!という方には、養毛の効果では満足ができない可能性が大きいのです。
ご自身の薄毛のパターンや進行具合を考慮して、ベストなケア方法を見つけましょう。
 
 
薄毛には、人それぞれ異なった原因やタイプが存在しています。
そのタイプや原因によって、とるべき対処方法も異なってくるのです。
 
自分に必要なケアは発毛なのか、育毛なのか、または養毛なのか・・・
ご自身の状況と相談して、問題解決に一番近い解消方法を見出してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性用育毛剤の実力ランキング