大人の嗜好品は髪への影響がたくさんある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LOK_kuchitatabakonokanban-thumb-815xauto-13788

薄毛対策なら、まずはお酒やタバコの習慣を改善させるべき!

 
女性の毛髪を薄くしてしまう原因には様々なものが考えられます。
中でも、日々繰り返す習慣の積み重ね、つまり生活習慣による影響は大きいと言えるでしょう。

大人の嗜好品であるお酒やタバコは、もともと私たちの健康や美容に
様々な悪影響を及ぼすと言われていますが、じつは意外にも、これらは薄毛の原因にもなってしまうのです。

 
 

タバコがもたらす頭皮・毛髪への影響とは

 
タバコが体に悪い、という常識は、喫煙者でなくとも知っています。
百害あって一利なしとも言われるタバコですので、
近年健康志向の高まりとともに愛煙者の数も減少してきているようですね。
とはいえ、今でも喫煙の習慣を続けている方も少なくはありません。

喫煙すると、タバコに含まれているニコチンの働きかけにより体の血管が収縮します。
収縮してしまう、ということは、単純にそこを通っている血液の量が少なくなってしまう、ということです。

発毛や毛髪の成長には、血液からの働きかけが不可欠です。
血液は酸素や栄養を身体中に配給する役割を担っていますので、その血液が減ってしまえば、
髪の毛を生やしたり育てたりするのに充分な栄養や酸素が行き届かなくなってしまうのです。
つまり、喫煙の習慣が発毛力や育毛力をダウンさせてしまう、という仕組みなのです。

髪の毛のボリューム不足に悩んでいる、かつ、現在も喫煙している・・・、そんな方は、
まず禁煙をスタートさせることをお勧めします。

2.お酒がもたらす頭皮・毛髪への影響とは

お酒も、タバコと同じく、私たちの健康や美容を脅かすものとして知られています。
適度な飲酒であれば、血行促進作用によって育毛に良い影響があるとも言われていますが、
行き過ぎた飲酒は毛髪にも健康にも良くありません。

たくさんのお酒を飲んだ時、私たちの体は、そのアルコールを分解しようと働きます。
多くの方がご存知の通り、アルコールを分解するのは肝臓なのですが、
その肝臓を稼働させるために「システイン」「メチオニン」と呼ばれるアミノ酸が使われていくのです。
実は、これらのアミノ酸は、毛髪を形作るために欠かすことのできない材料でもあります。

つまり、本来ならば髪の毛を生やし、育てるために使われる予定だった材料が、
アルコール分解に回されてしまう・・・、というわけなのですね。

薄毛に悩む方にとって、これほどもったない事はありません。
発毛を意識したライフスタイルを心がけるのであれば、ぜひ深酒を慎むようにしてみてください。

3.大人の嗜好品にも薄毛の原因は潜んでいるのです

タバコ、お酒、これらの嗜好品が薄毛に関係しているという事は、あまり知られてはいません。
そのため、これらを改善しないまま、別のアプローチで薄毛対策をしている方も多いでしょう。

ところが、もしもタバコやお酒が薄毛の本来の原因であった場合、
これらを改善させなければ薄毛の解消も見えてはこないでしょう。

バランスの良い食生活を心がけても、たっぷりと睡眠をとるように改善しても、
発毛や育毛剤を試してみても、期待した効果が得られない!と悩みなのであれば、
ご自身の嗜好品について思い返してみてください。

喫煙を習慣にしていませんか?
また、お酒を飲みすぎてはいないでしょうか?

(まとめ)

タバコやお酒は、どちらも生活に染み付いた習慣になっている事が多いはずです。
だからこそ、毎日の積み重ねが毛根や毛髪にダメージを与えてしまっているのです。
心当たりがある方は、ぜひ今日から生活を改めてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性用育毛剤の実力ランキング